Archive for the ‘閉園’ Category

  • 近鉄玉手山遊園地

    Date: 2010.01.20 | Category: 閉園 | Response: 0

    1908年(明治41年)に河南鉄道(現在の近鉄南大阪線ほかを建設した)によって開園以来、西日本で最も古い遊園地として多くの市民に愛されたが、近年に入ると入場者の減少や交通の便の悪さもあり、1998年(平成10年)5月31日に惜しまれつつ閉園となった。 閉園間際の入園料は、おとな500円・こども300円・のりもの乗り放題(にこにこパス)700円(おとな・こども両方とも)・入園+のりもの乗り放題(にこにこパスセット)1000円(おとな・こども両方とも)であった。

    閉園後は、敷地を近鉄が柏原市に提供して柏原市立玉手山公園として、広く市民などに無料開放している。
    (wikiより引用)

  • 神戸ポートピアランド

    Date: 2010.01.12 | Category: 閉園 | Response: 0


    1981年3月〜9月に開催された神戸ポートアイランド博覧会の遊戯施設としてオープン。同博覧会終了後の1981年10月1日より単独で営業が行われる。ポートピアランドという名称は、博覧会の愛称である「ポートピア’81」から名付けられている。当時はファミリー向けの遊園地は各所にあったが神戸ポートピアランドはそのターゲットを若者(当時はヤングアダルトと表現していた)に徹底的に絞込み、都市型のテーマパークとして絶叫型のライドのみで構成された非常に日本において先進的なパークであった。2年に1機種は必ず新規で機種を海外より導入をし、入園者数を伸ばしていった。入園者数はピーク時の1991年には163万人を記録。わずか5ha面積で営業しており、日本一効率的なパークであると称された。

    当初の立地は、南公園とともにポートアイランド南側の沿岸部であった。しかし、周囲が二期工事で埋め立てられたために内陸部にある施設と変化していった。

    1995年の阪神・淡路大震災による休園後の入場者の減少、当時の不況、レジャーの多様化、近郊に神戸ハーバーランドの街開きやUSJの開業による入場者の減少の影響、施設の老朽化などを理由に経営していた阪急東宝グループ(当時)の阪急電鉄が2003年、宝塚ファミリーランドとあわせて遊園地事業より撤退を決定。その後、ポートアイランドの地盤沈下を懸念した神戸市に対し施設を無償譲渡し、営業を継続した。当時人気のハロー!プロジェクトのイベント開催やナイター営業時に噴水と花火のショーを開催するなどして打開策を打ち出すが、入場者の大きな増加にはつながらず、2006年3月31日をもって閉園し、「ポートピア’81」開幕以来25年の歴史に幕を閉じた。

    スウェーデンを本拠地とする大手家具製造・直販企業「イケア」が閉園後2008年4月14日より、イケアポートアイランド店を跡地にオープンさせた。
    (wikiより引用)

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブログロール

カテゴリー